有伸学院は京都市北大路にある英会話と個別指導の教室です
北大路教室へのお問い合せ 075-451-3334
menu

新着情報

2019.06.29 有伸の夏期講習(中学3年生の英語)

有伸学院はオーダーメイドの個別指導です。

それでは夏期講習でどのような勉強ができるのか、その例をお伝えします。

 

中学3年生の場合

 

中学3年生の夏は言うまでもなく重要です。

各科目1年からの復習を進めていく時期ですが、1年の初めから単調に進めるのでなく、自分の弱点に焦点を絞って復習しないといけません。なにしろ夏休みは限られた時間しかありませんから。

 

英語が苦手な人

英語苦手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語が苦手な人の共通するところは単語です。

 

とにかく単語量が決定的に不足している人が多く見られます。

有伸学院では毎回単語チェックを行います。1年の教科書から始めてどんどんチェックしていきます。そして自分でチェックすることができるようにしていきます。単語を覚えるために塾に来るのはナンセンスです。しかしどうやって覚えたらいいか迷っている人には、その方法をお伝えします。

 

単語の次は文法です。

 

英語が苦手な人は、単語をを覚えてもそれをどう並べたら正しい英文になるかがわかりません。

英文の並びは日本文とは根本的に違います。その一番の違いは動詞です。英語の苦手な人はまず動詞の使い方から復習していきます。次が代名詞です。主格、所有格、目的格などそれぞれの代名詞を正しく使うことです。

有伸学院では文法においてその人が引っかかっているところを探し出し、そこに焦点を当てた学習をします。夏休みという限られた時間を有効に使うためにも総合的なテキストは使わず必要な単元に絞ったプリントで対応いたします

 

最後に大事なのは読解力です。

 

入試では初見の英文を読んで、問に答えなくてはいけません。

読解は単語を調べながら読んでいくしかありません。その際、単語がわかっても日本文にならないことがよくあります。有伸学院では英語を訳すとはどのような感覚かをお伝えし、長文を読み進める方法をお伝えします。

限られた時間の中で初見の英文を読むのは、学校で教科書を訳すのとはまた少し違います。

 

以上が英語学習の1例です。

苦手の部分は人によって様々です。有伸学院では夏期講習に入る前に4回の無料体験を受けていただき、その方の弱点や勉強範囲をクリアにして夏期講習に入るようにしています。

 

 

ページ上部へ戻る