有伸学院は京都市北大路にある英会話と個別指導の教室です
北大路教室へのお問い合せ 075-451-3334
menu

ピックアップ

2020.06.26 中3は今、何を、どのように - (2)

前回に引き続き、中3の人が今、何を、どのようにやればいいのかをお伝えします。

今回は数学です。

 

① 計算力が命

 

計算

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数学は計算力が命です。せっかくわかった問題でも、計算間違いをしてしまえば、わからずに白紙で出した人と同じ評価になってしまいます。つまりその問題は0点です。

 

計算力を付けるのに、ドリル式の計算練習をするのも1つの方法です。しかしそれ以上に、普段解いている問題で計算間違いをしたら、正解するまでやり直すことが大事でしょう。

 

「考え方は理解した。立式も合っている。ちょっと計算間違いしただけだ。よし次に行こう。」

これが一番よろしくない!このタイプの人はテストの時も、ちょっと計算間違いしてしまいます。

必ず正解が出るまで、計算をしっかりやり切るようにしましょう。

 

 

② 関数は公式に当てはめて

関数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関数が苦手な人はまず関数式たてる練習をしましょう。そして立てた式にⅹの値やYの値を代入して、Yの値やⅩの値を出す練習をしましょう。

またグラフを描く練習を必ずしましょう。関数では式とグラフは表裏一体の関係です。式があればグラフがわかる、グラフがあれば式がわかる。そうなるように。

 

③ 図形の証明はパターンを覚える

 

証明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入試では、図形の問題で必ず証明が出ます。中2では合同の証明ですが、中3の後半には相似の証明も習います。

証明は書き方のパターンがあります。教科書や問題集の解答に出ている証明を移すことで、証明の書き方を覚えましょう。それとなるべく丁寧に進めることが大事です。証明で説明不足は間違いですが、書きすぎて間違いになることはありません。

 

方程式、関数、図形のうちで、どれか1つは得意になれたらいいでしょう。自分にとって一番やりやすいものを1つ選んで徹底的に練習すれば、大きな安心材料になるでしょう。

 

 

ページ上部へ戻る