有伸学院は京都市北大路にある英会話と個別指導の教室です
北大路教室へのお問い合せ 075-451-3334
menu

新着情報

2019.06.18 有伸の夏期講習(中学生)

有伸学院はオーダーメイドの個別指導です。

それでは有伸学院の夏期講習ではどのようなことができるのか、その例をお伝えします。

 

中学1年生の場合

1学期の期末試験も終わり、小学校の延長のような授業ペースがそろそろ変わってくる頃です。今まで習ったことは確実にできるようにしておきましょう。

 

英語単語を覚えることが苦手な人は、ここでなんとかそのハードルを越えておきましょう。書いて覚える、見て覚える。どのような方法でも構いません。自分なりの単語暗記方法を見つけるのが大切です。

夏期講習では毎回単語テストをして単語を覚えることから逃げないようにし、各人の単語暗記方法の確立をお手伝いします。

 

 

単語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に文法です。まずはbe動詞の使い方をマスターしましょう。そして次は一般動詞です。この2つの動詞の使い方を混同する人は、ここで英語につまづいてしまいます。

文法については、前半を復習、後半を予習として、2学期を順調にスタートできるようにしたいと思います。

文法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数学:まずは1学期で習った正負の数の計算がしっかりできるようにしておきましょう。

夏期講習では、計算の決まりを覚えて、自分で使いこなせるように何回も練習します。整数だけでなく、小数、分数そして累乗が混じった式の計算ができるようにいろいろなパターンの問題に挑戦してもらいます

 

正負の数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏期講習後半は、2学期の予習として文字式の単元に進みます。

これも小学校で習ったことを打ち消すような単元ですし、多くの人が苦手に感じている「割合」「速さ」が出てきます。

小6の復習もかねて、早目に対処しておくことで学校の授業に遅れないようにします。

 

文字式

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る